ニューウェーブ 命名の話

我がバンド名はニューウェーブです。

さて、なぜニューウェーブと命名されたかと言うと…  う~ん、どうなんでしょう、実は良くわからなかったりします

昨年のミヤギグに出演した時に一部メンバーが違いますが「ひばりブラザーズ」と名乗っていました。
イベント終了後、メンバーの入れ替わり等ありまして、そして新生バンドとしてスタートするにあたり、もっとカッコイイバンド名に変えようという事になりました。

ワタシも色々候補を思案していたその矢先、Bassマンさんから電話があり、「バンド名が決まったよ」との事。
決まった名前を聞き「えっ? ニューウェーブ??、何で?」 その時の正直な感想です。

だって「ニューウェーブ」ですよ。音楽シーンの中ですでに一つのジャンルとして確立されている名前ですよ!

今だから話せますが、ワタシと池Dさん拒否反応を示してしまいました
でもその時既に次のイベント出演がニューウェーブ名で登録されているとの事! さすがに仕事が早い!!

そんな訳で、新生ニューウェーブはスタートを切りました。

ちなみに蛇足ですが、ニューウェーブとは…

フリー百科事典「ウィキペディア」によりますと、
『ニューウェーブ(New Wave)とは、パンク・ムーブメントによって音楽環境が一変したイギリスで、ポストパンクや現代音楽、クラフトワークなどの電子音楽といったさまざまなジャンルの影響によって成立したロックの一ジャンル。元々はパンク・ロックのことを指す言葉。1970年代後半から1980年代初頭にかけて世界的に流行した。』とあります。
さらに『日本では、当時ブームとなったイエロー・マジック・オーケストラの影響が大きく、ニューウェーブ=テクノポップという印象が強い』と記載されていますね。
ニューウェーブに分類されるアーティストとして数多くのミュージシャンが網羅されていますが、ワタシの知りうる範囲では、ザ・ジャム、プリテンダーズ、エルビス・コステロ、ユーリズミックス。アメリカではカーズやブロンディ、トーキングヘッズなんかも入るんですね。。

昨年の某イベントでその辺の音楽事情に詳しい方から「バンド名とやっている音楽が全然違うね!」なんて突っ込まれてしまいましたが、それはそれ、違う意味のニューウェイブなんですよ

そんな訳で突っ込み所満載の我がバンドですがこれからも頑張ります!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン

    Excerpt: ニューウェーブ 命名の話 なぜかニューウェーブ/ウェブリブログ Weblog: レイバン racked: 2013-07-06 04:53