ひとりごと

画像

音楽活動を続けていて楽しいのはやはり、見に来てくれた人たちと一緒に盛り上がり楽しめた時、楽しんでくれている笑顔を見た時本当に良かったと思います。

我々のバンドは他の数多のバンドから見ると経験も技術もまだまだ未熟だと思ってます。

その分をカバーするべき明るさ、元気さ、親しみやすさが我々の持ち味なのかな?などと勝手に解釈してます。

出演のお声を頂いたら、出来る限り断らず時には無謀と思われる程、数多くのイベントに出させて頂きました。

より完璧さを求める優れたバンドは、日程的にベストなパフォーマンスを披露出来ないと判断した時は出演をお断りすると聞きました。それはそれで素晴らしい事だと思います。

我々は実力の無い分、数をこなす事で勝負してきたのかな?なんて思っていますが。。。

しかしながらその中で実力も日々磨いていかなければならない所ですが、我々はどうなのかな。

お呼びがかかった以上は、精一杯ベストな演奏を披露しなければ来てくれた人に失礼に当たります。

そのイベントが次のイベントの為の予行演習になってはいけません。その時来てくれた方が期待してくれている訳だし、ただ一度の出会いなのかも知れません。

ましてや前回の失敗をまた繰り返すのは愚の骨頂!

バンド活動していると各々個人の温度差を感じるのは当然としても、前回よりも低いパフォーマンスにならぬように日々精進したいものです。

自分で壁を作り、言い訳していてもそれ以上の上達は見込めません。

そんな私は休日は時間が許す限り、優れたミュージシャンの演奏を見に出かけて刺激をもらいに行くようにしています。
たとえジャンルは違っても時には自分がつまづいていた所のヒントをもらえるし、目から鱗が・・・何てことも何度もあります。

そして出来る限り毎日ギターに触れています。

ああ日々精進、勉強です。

"ひとりごと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント